【簡単】アイデアが出ないときに試したい3つの方法【誰でも可能】

【簡単】アイデアが出ないときに試したい3つの方法【誰でも可能】

2021年8月9日
広告
アイデアの出し方/まだ書籍作家になれません。
アイデアの出し方/まだ書籍作家になれません。

小説が書きたいのにマンガが描きたいのに、アイデアが浮かばない

アイデアを出したいときに使える方法をご紹介します。
わたし個人が良く使っている方法ですが、どなたでも可能な方法です。

試して欲しい方法は、下記の3つです。

  1. 見た夢をメモる
  2. 好きな作品の好きなシーンを書き出す
  3. お題を決めてしまう

では、これから順にご紹介します。
わずかでもお力添えできましたら最高です。

広告

見た夢をメモる

大まかな流れはこの通りです。

  • 見た夢をメモをする。
  • メモした内容を組み合わせる。

就寝したときに見る夢を断片でも良いのでメモを取ります。
面白い・面白くないは気にせず、夢を見たときにはとにかく書き残します。

夢をまったく見ないという方もいるかもしれません。
そんな方には代替法として以下の2つをオススメします。

  1. 他の人が見た夢の話を聞いてメモをさせてもらう
  2. SNSなどネットで夢の話を収集する

できれば本当にわずかな内容でも良いので自身の見た夢のメモを推奨します。

理由は、夢は自身の記憶を整理しているときに見るものという説からです。
そのため、夢からメモした内容をストーリーのアイデアとして使うときにスムーズに組み立てられます。

夢のメモの取り方について説明します。

例えば、見た夢が学校が舞台で自分が学生だったとします。
学校で起きた出来事が給食の早食い大会が行われていて、クラスメイトが喉を詰まらせたところで目が覚めた。
夢の物語が途中で起きることはよくあることです。

この場合、メモするポイントは大きく2つです。

  • 学校で給食の早食い大会が行われていた。早食い大会=ハンバーガーの。
  • 給食の早食い大会では喉を詰まらせるクラスメイトが出た。

また、学校が知っている校舎などと違えばそのこともメモに取ります。

  • 教室の壁が青く塗られていた。
  • クラスメイトが50人もいた。
  • 給食にハンバーガーが出たことはない。

上記のように夢を見た日は欠かさずメモを取ります。
メモを取ることは、「ポイント」の押さえ方を身につけることにも役立ちます。
すると長文を要約するときにも困らず行えるようになっていきます。

ある程度ストックができたら夢メモを使ってアイデアに昇華させていきましょう。

夢をメモしたものの使い方について説明します。

仮に以下のように夢メモのストックがあるとします。

  • 学校で給食の早食い大会が行われていた。早食い大会=ハンバーガーの。
  • 給食の早食い大会では喉を詰まらせるクラスメイトが出た。
  • 教室の壁が青く塗られていた。
  • クラスメイトが50人もいた。
  • 給食にハンバーガーが出たことはない。
  • 知らない街を散歩していた。知らない街=ヨーロッパの風景と京都の風景が混ざったような町並み。
  • 着物にブーツを履いた人ばかりいた。男女どちらも女物の着物を着ている。
  • コンビニで泣きながらお菓子を食べていた。お菓子=チョコレート菓子。
  • 何年も会ったことのない友だちと再会した。

ショートショートのようなものならこれだけのストックでもストーリーのアイデアを作ることが可能です。

一例として簡単なアイデアをご紹介します。

学校の制服は男女ともに女物の着物。今日は給食の早食い大会が行われる。メニューはハンバーガー。
喉を詰まらせたクラスメイトは、大食いで人気のある女子だ。
アクシデントが起きるまでトップだったが、惜しくもその女子は3位だった。
家に帰ってからおつかいを頼まれ、コンビニ行くことになった。
コンビニの前にはあの女子が泣きながらお菓子を食べていた。
どうやら昼の給食の早食い大会で1位になれなかったことが悔しかったらしい。
自分は夕食もほとんど食べられなかったのにと、あの子のすごさを再確認する出来事だった。

違う夢メモ同士を組み合わせることで普通に考えたら思いつかないような内容になりました。
不思議な世界観ができあがったので、オチを楽しませるショートストーリーにぴったりです。

夢メモと他のアイデアを組み合わせても面白いものが生まれます。
内容の遠い夢メモ同士をくっつけると、思いも寄らないアイデアが飛び出すのでぜひお試しください。

好きな作品の好きなシーンを書き出す

好きな作品の好きな場面を書き出してみましょう。
マンガでも小説でもドラマでも映画でも何でもOKです。

例えば、マンガ『進撃の巨人』のリヴァイ兵士長がエルヴィン団長に「夢を諦めて死んでくれ」と言うシーン
また、ドラマ『家政婦のミタ』ではミタさんは無表情で言われたことをこなすスーパー家政婦だったのに笑顔を浮かべるシーン

ピンポイントでも大きな流れでも、原作に忠実ではなく自分の中で改変されているシーンであっても問題ありません。

とにかく書き出しておきます。
先ほどの夢メモと組み合わせてアイデアを生み出すこともできますし、シーンとシーンを掛け合わせても可能です。

上記の例を2つ掛け合わせたならば、こんなところでしょうか。

いつも無表情で家政婦に変装し諜報をこなす女性がいる。
女性の上司は「子供と再会する夢を諦めて、祖国のために死んでくれ」と告げる。
死ぬことを求められた瞬間、初めてみんなに笑顔を見せて戦禍へと飛び込んでいく。

この場合はたった2つから掛け合わせているので、元のシーンがだいぶ残ってしまっていますが別のストーリーにはなったのではないでしょうか。

また夢メモとくっつけた場合も一例としてご紹介します。

今日は学校で給食の早食い大会がある。
楽しみで楽しみで昨日から何も食べていない。
しかし今日は何でもこなしてくれる家政婦が急病で来られないと父が言う。
幼い妹たちの面倒を今日はお前が見るんだと頼まれ、「早食い大会は諦めてくれ」と告げられた。
私は泣く泣く学校を休む決意をし、泣き笑いの表情で仕事に向かう父を見送った。

ここから先のストーリーのアイデアは、他のシーンや夢メモなどと合わせて考えていくと良いでしょう。
すべてのアイデアを盛り込む必要はなく、アンテナに引っかかったものを選んで考えることをオススメします

好きなシーンだけではなく、好きなシーンやキャラクターを書き出すことで自分が好きなジャンルやストーリーを知る助けにもなります。

お題を決めてしまう

お題といっても難しく考える必要はありません。
自分で決めても良いですし、何かツールを使うのも良いです。

どちらの場合でも単語をいくつか出してお題を決めることをオススメします

ツールについてはこちらをご紹介します。

塑田久子 様のサイト「どこまでも、まよいみちより、『三題噺スイッチ改訂版』を使用させていただきました。
この場で恐縮ですが、ありがとうございます!

お題を三つ選んでそれを織り込んでひとつのお話を作る「三題噺」の、お題選びをするためのスイッチです。お題の数を増やした改訂版です。
mayoi.tokyo

ランダムでお題となる単語が3つ表示されます。
3つの単語から連想することでアイデアが出しやすくなる利点があります。

三題噺とは落語の形態の一つです。
そこから派生して小説などの創作で適当な言葉などを3つ用いて、創作したものを指す言葉として使われるようになっています。

「朝」「言葉」「髪飾り」という3つの単語からストーリのアイデアを思い起こします。

まず「朝」「髪飾り」から、朝の時間帯に女性が身支度をしている様子が浮かびます。
「髪飾り」という言葉から、成人式か卒業式など着飾る必要がある日ではないかと考えました。
そして「言葉」とあるので、入学式または卒業式などで挨拶をする必要があるのかもしれません。

上記の連想を組み合わせた一例はこちらです。

朝から私は準備をしている。
祖母からもらった年代物の髪飾りを大事に髪につけた。
今日はかつての恋人の結婚式だ。
私は友人代表として挨拶をする。
言葉を詰まらせることなく、彼を祝福できるだろうか。

成人式など主人公のお祝いの場ではなく、誰かの祝福をする立場に変えてみました。
別の要素をプラスすることで、さらにアイデアが膨らみます。

また夢メモや好きなシーンを組み合わせると複雑なアイデアと化けることがあります。

一例をご紹介します。

ヨーロッパの風景と京都の和の雰囲気がミックスされたバーチャル空間には、着物を着たユーザーがごまんといる。
どのユーザーも髪飾りをつけていて、それは戦うためのシステムを司るアイテムだ。
戦い方はさまざまで早食い大会なんてものもあれば、言葉を使った言論大会なんてのもある。
家政婦に特化したクイズ大会に参加していたとき、何年も会っていなかった友人と再会した。
「朝を迎えることを諦めるんだな」
友人に言われた不穏な言葉を皮切りにバーチャル空間は大勢を巻き込んだ大戦へと傾いていく。

ヨーロッパの風景と京都の風景が混ざったような町並みという一見すると使いどころのなさそうな夢メモですが、バーチャルなどに限定することであり得る状況に落とし込めたと思います。
バーチャルを世界設定にしたことで、大まかなストーリーの流れはできたのではないかと思います。

王道として「戦う」という流れがあると考え、上記のようなアイデアにしてみました。

適当に思い浮かんだことを組み合わせたものから連想していくだけでも、アイデアを作ることはできます。

アイデアを出したいときに試したい3つの方法まとめ

  1. 見た夢をメモる
  2. 好きな作品の好きなシーンを書き出す
  3. お題を決めてしまう

この3つと自身の記憶や経験・体験などと組み合わせることで、ほぼ無限大にアイデアを出すことができます。
とにかく頭や手を動かして書き出してみると、善し悪しはともかくとして活性化された脳からアイデアが生み出されていきます。

この方法は応用が利くので、ぜひ自分に合ったスタイルを身につけてみてください。
わたしはいつでもあなたの創作を応援しています。

3つの方法で作品ができましたら、コメント欄に教えていただけましたら読みに行きます!
あなたの作品を心待ちにしています。

ぬる
ぬる

わたしも創作がんばります!!